30日間金利ゼロで最短1時間融資!いま注目のカードローン!

キャッシング初心者がローン申込をする前にするチェック

キャッシング初心者が申し込み・審査を受ける前にできる準備や審査時の心構えについて解説します。

○安定した収入の確保もし最初の職場を転職して間もないようなタイミングなら少し申し込みを我慢して、最低6ヶ月から1年程度の勤務実績を作ってから申し込みしましょう。拙速な申し込みは「審査に落ちた」という記録が信用情報登録機関に残されて次の申し込みで不利益につながるだけです。無職ならできるだけパート・アルバイトで同じく収入が得られる状況を作ってから申し込みしてください。あるいは無職という状況を避けるため派遣社員に登録するのでもいいでしょう。要は安定した収入を確保しておく点が重要になります。

○過去の各種返済を再チェックカードローン初心者の場合、当然ローンはありませんがそれ以外にクレジットカードの利用や携帯電話の機種代金を割賦で返済したことはありませんか?これらの過去の支払いでもし延滞あるいは滞納を起こしていたら信用情報登録機関でその事実が載せられている可能性があります。もちろん登録されていればカードローンの審査は通りません。一定期間経過して登録情報が抹消されるまで申し込みを待つ必要があります。その際、登録が抹消されたかどうかは本人が信用情報機関に直接問い合わせをする方法で確認できます。

○申し込みの際、本人の個人情報は正確に申告申し込みの不安から自分を大きく見せようと収入を実際より大きく申告したり、雇用の形態をごまかす(アルバイトなのに正社員)人がいます。しかしこれは絶対止めてください。金融機関も提携している信用情報登録機関から申込者の個人情報を入手してチェックしたり、他の方法で申告内容を精査します。申告内容と実態にあまりに大きな差があると、虚偽申告と見なされ審査に落ちるばかりか後々まで大きく影響してきます。節度をもって行動してください。

○最初の申込額は控えめで初心者ほど最初から欲張って大きな利用極度額を望みがちですが、審査に確実に通るためには初回はその気持ちを抑えて利用極度額を少なく申し込みしましょう。新規で審査に通ってカードローンを手にすれば後は堅実に利用実績を積み上げていけば、一定期間経てば増額申請で以外と当初の希望極度額が得られたりするものです。無理はしないことです。

いかがでしたか。言われてみれば当たり前のようなことばかりですが、初心者ほど基本を押さえてくことは必要だと思います。これらの点をしっかりチェックしてカードローンを申し込みしましょう。


このページの先頭へ