専業主婦でもキャッシングを利用する方法

専業主婦がキャッシングを利用するときに最大のネックになるのが収入がない、ということです。消費者金融や信販会社が従っている総量規制は年収の3分の1までしかお金を借りられないというルールです。専業主婦の収入はゼロなので、借りることができるお金もゼロになってしまうのです。

解決法としては総量規制のない銀行のキャッシングを利用するという方法があります。銀行のカードローンでは専業主婦も利用可能としているものがあり、低額であれば配偶者の収入証明なども不要のまま融資を受けることが可能です。既に他社に借り入れなどがなければ審査で引っかかることも少ないので、これが一番現実的な手段でしょう。

もうひとつの方法としては、消費者金融の女性向けローンを利用するという手段があります。こちらは総量規制の例外規定が適用されるキャッシングで、配偶者の収入証明や婚姻を証明する証拠を提出することで、総量規制の影響を受けずに融資を受けることができるというものです。手続きに少し手間がかかるためこのサービスをしている消費者金融は少ないですが、銀行キャッシング以外でも専業主婦はお金を借りることはできます。

この他にアルバイトやパートタイムの収入があればキャッシングを利用することは可能なので、専業主婦からパートタイマーになるというのも、キャッシングを利用するのに良い方法でしょう。

このページの先頭へ